Puremerのこだわり1



皆さんが美容整形外科に行ってお肌に関するアドバイスを請うと、3分も経たないうちに、きっと2つのことを薦めてくるはずです。

1つ目は、死ぬまで毎日日焼け止めを塗り続けること。
2つ目は、毎朝顔にビタミンCを塗りたくること。


PuremerはこのビタミンC、中でも本物である純粋ビタミンCにこだわった製品です。


約15,000種類にものぼる化粧品原料の中で、ビタミンCの特徴といえば下記が上げられます。
  • 認知度が高い
  • 美肌効果がすぐれている
  • 肌の炎症やダメージを改善する
  • シミにも有効である
  • 肌への刺激が少ない
  • 皮脂の分泌を抑えニキビ肌に有効である
  • 化粧水などでは安定化が非常に難しくすぐ褐変*する
    *りんごの皮をむくとすぐ茶色くなる現象と同じ
  • 純粋ビタミンCを使った化粧品の商品化例は世界的なトップブランドを含めても非常に珍しい



純粋ビタミンCとビタミンC誘導体の比較

一般的なビタミンC誘導体 従来の純粋ビタミンC
安定性 ×
コラーゲン増加作用
抗酸化作用
美白作用 ×
抗酸化作用 ⇒ 肌の衰えを予防する効果
美白作用 ⇒ メラニン色素の生成を抑える作用やできてしまったメラニン色素うを還元する作用


従来の純粋ビタミンCは優れた効能の反面、安定性が低く空気・水分・熱・光に触れると酸化しやすい上、化粧水など水に溶かすと活性を失う欠点がありました。
Puremerは水分含有量68%の純粋ビタミンC(13.5%含有)アンプル独自の安定化技術により、常温でも18か月の保存が可能となりました。

つまり褐変の心配のない良質な純粋ビタミンCを皆さまにお使いいただけます。



実験結果

・美白効果
実験濃度
0.1% 0.5% 1%
Ascorbic acid(純粋ビタミンC) 96.7% 96.7% 97.6%
Magnesium ascorbyl phosphate(ビタミンC誘導体) 0% 0% 0%


・抗酸化効果
Free radical scavenging(%)
Ascorbic acid(純粋ビタミンC) 94.2±0.7
Magnesium ascorbyl phosphate(ビタミンC誘導体) 0.5±0.2
DPPH Test
実験濃度: 0.1%


・コラーゲン生成促進効果
コラーゲン生成増加量(%)
Ascorbic acid(純粋ビタミンC) 98.5±1.2
Magnesium ascorbyl phosphate(ビタミンC誘導体) 89.4±3.6
Procollagen type I C’ peptide immuno assay (Human normal fibroblast使用)
実験濃度:0.5mM